2018年7月18日

「屁理屈」を間違って使っている人が多い

屁理屈とは論理がガバガバなことである。

事実「屁理屈」をGoogleで検索してみると、


このように出てきます。


この意味を分かっていて「屁理屈」という言葉を使っているのか、もしくは違う意味で間違った認識をしているのかのどちらかだと思うのです。


それで後者はこういう意味だよと教えれば治るのでいいのですが、前者はどうしようもない。

色々な人と話していて思うのは、

自分が筋道の立たない理屈を提示ているにもかかわらず、筋道立てて説明している僕を「屁理屈だ」と言ってくる自分のしている行為を相手がしていると錯覚している人が多いイメージがあります。


自分が屁理屈を言っているのにもかかわらず、それが理解できないのか知らないが、自分が都合悪くなると議論している相手のことを「それは屁理屈だ」と言ってくる人がいるんですね。


僕の配信を見ていればこういう人が出てくるので分かりますよ。


意識的に僕は論を説明する時は根拠を提示しています。

そこには事実しかなく、僕の感情は一切排除されています。

にもかかわらず、いるんですね。


僕はこれがこういうことになっているのはこういう理由があるからだという根拠を提示しながら論理立てて小学生でも分かるかな?と言うレベルで説明するように心掛けているのですが、分からない人がいる。

十中八九そうです。僕の理論が「屁理屈だ」と言って来る人はまず根拠を提示していない。

なぜAなのかと聞いたらAだからだ。

間違った筋道どころか、筋道をまず作ってない。


論理的な物事の説明をしましょう。


例えば本を多く読んでいる人はそうでない人に比べて年収が高い。

ということを説明するときに、これだけなら何の説得力もないただの妄言と受け止められても仕方ないです。

そこでなぜそうなのかという問いに、俺がそう思うからだ!というのは屁理屈です。

本を読む人は年収が高い≠俺の感覚


ここで俺の経験上そうだというのは屁理屈ではないです。

なぜなら統計としては乏しいものの、一応の相関関係は認められるからです。

ですので自分の周りではそうだという理屈は立っている。


信ぴょう性は低いがそれも屁理屈ではない。


屁理屈と言うのは根拠がそれに伴っていないものです。

まぁ、その人の周りの人が実際そうであるというのが事実であるのが前提ですけどね。


これを統計として残している人はまずいないので根拠が成り立たず屁理屈とも言えますが。


ところがどっこい、本を多く読んでいると成績がいい、年収が高いというのはあらゆる研究で出ています。


まず学術的なことで文書が関わらないという場面はありません。


本が中心に回っている世の中なのにそれを使っている人が頭悪い、年収が低いって言うのはよく考えればおかしいということが分かるのではないでしょうか。


僕の場合主観的な感覚でもなく、科学的にこういう研究があったという客観的なデータで母数も多く信ぴょう性が高いものを提示して説明しているにもかかわらずそれを

「筋道が立っていない」「屁理屈だ」と言われるのは言っている本人が無知であるとしか言いようがないので学んでください^^;


このように自分が無知である、言葉の意味を間違えて使っているのも関わらず、自分は正しいと思い正しい人間を否定する人がいるのが本当に呆れるのでそういう人は学習してくださいね^^;


以上。

2018年7月11日

ミニマリストになってみた結果wwwww

私がブログ村のカテゴリをミニマリストにしてからもう1週間経ちました。

早いですね。


ミニマリストにした経緯はこちらの記事参照。
ニートになってみた結果www



勿論何の理由もなくミニマリストのカテゴリにしません。

自身がミニマリストだから付けたのです。

証明はこちらの記事でしました。
私がミニマリストだということを証明する


前置きはこの辺で。

ここから本題。

上の紹介した記事でも述べているのですが、

先週1週間でのこのブログの来場者は26人でした!w


それがミニマリストカテに変えて一週間でこのように・・・



1466%UPです!w


26人の時と比べると16倍以上ですね・・・


ブログ村のカテゴリを変えるだけこんなにも変わるのかと驚きです。


新規が増えたので直帰率とセッション継続時間は減るのは上の記事で説明しました。


それからブログ村のポイントも見てみましょう。

一番良かった時で500アウトポイント程度でしたが、カテゴリをミニマリストにしたら・・・


一日で500超えている日があります。

そして3560ものアウトポイントをいただけました!

ありがとうございます。


順位も載せます。


アウトポイントでの順位ですが大学2年生カテですぐさま1位に、競合がいないのもありますけどね。

そこそこ人がいて市場参入がきつそうなところに入ったにもかかわらず一週間でランキング100位以内に入れたのは素直にうれしいです。


トップ50に入ったらこのポイントの倍という比じゃないです。

ざらに10000ポイント稼いでます。

ですのでトップ50に入ればものすごい恩恵がもらえると予想できるので、入りたいですね。


この異常さがよくわかるのがこちらの画像。


今日のポイントは稼いでないので今日だけ下がっていますが、7/5に

約20000位だったのが5000位圏内に!

ずっと20000位近辺だったのがいきなり4000位代はすごいことです。


ここからが正念場で、最初よりPVは稼げなくなる可能性が高いですが、ミニマリストということを意識してブログを上げていきたいと思います。

以上。

2018年7月10日

今日の予定

久しぶりにこのクソ記事書きます。

書かないと忘れるし公言しないと、「まっ、いっか」になるから。



家帰ったらマギレコ動画撮る。

父親いたら飯食って出かける。



あとwordpressでアフィリエイト真面目にやる。

それ決めて実行。



思い出した。


俺のやること、基本方針は受験勉強か直接金になるネットビジネスの勉強。


この2つだけだ、ゲーム実況なんか娯楽、金や時間がなければやってられない。


その2つで優先順位を悩んでいた、もう決断しよう。


今は金に焦点を当てると。


でも、マギレコ実況は撮り終えます^^


以上。

【速報】もこう先生の奈良産時代の写真が発掘される

あの厨ポケ狩り講座で有名な実況者のもこう氏の過去の画像が発掘される。

こちらの生放送がソースです。
おおおおおおおおお

事件はもこう先生の配信での発言から起こる。

何気ないもこう先生の自分語りで大学時代の話になり、

ゼミで「カフェ・ブロッサム」と言うものをしていたという発言が火種となった。

もこう先生は奈良産業大学(現在は奈良学園大学)のゼミの一環としてカフェを経営していたそうなのだ。

そのカフェの名前がブロッサム。


そしてこのカフェ、丁寧なことにサイトも作られているのである。

これじゃあ特定されても仕方がないですねw


もう閉店しているのですが、その閉店のお知らせももこう先生が考えたそうなのです。

カフェ・ブロッサム



そしてそこからゼミ生のブログがバレ、もこう氏の画像が発掘される。

もう7年前だという。

そのブログがこちら
ようこそ!カフェ ブロッサム♪♪


どうやらこのブログ運営者はもこう氏の先輩のようだ。

事実もこう氏のことを「馬場ちゃん」と呼んでいるからだ。



もこう先生が自分だと認めた画像がこちら。



配信でもこう氏自身が「インキャ丸出しやなw」「眼鏡かけてたんやなw」とこの写真を見ながら言っていました。

ほかにも沢山「馬場ちゃん」の画像があるのでブログを見てみてくださいね!

もこう氏の奈良産時代の先輩のブログ→ようこそ!カフェ ブロッサム♪♪

追記:もこう先生自身が配信の切り抜きを動画化させています。




以上。

2018年7月9日

ミニマリストゆえに起きた悲劇

昨日のことなんですけど、僕がミニマリストだったが故に起きた悲劇をご紹介。


僕はミニマリストです。証明は以下の記事でしました。
私がミニマリストだということを証明する


ミニマリストなので少ないリソースで行動しようとします。

なるべく燃費を抑えるわけですね。


そうした結果・・・


なんと15時間以上ぶっ通しで寝ていました。。。


二度寝はしていないです。

朝の4時頃に寝たのですが起きたのは7時半頃。



いやー、潜在的にも体力消費を抑えようという動きがあるんでしょうね。


ちなみに寝不足ではない。

前日も同じ時間に寝ました。


環境(気温、湿度)が悪いと体力消費を抑えようとするのですかね。

目覚ましをかけるようにしたいと思った出来事でした。


以上。

【緊急トレード】オリックス伊藤、赤間⇔DeNA高城、白崎の2対2のトレード成立!

本日7/9の午後過ぎ飛び込んできました、このニュースが。

自分の贔屓球団がDeNAなので驚きを隠せません・・・



ですので横浜目線の意見になってしまうのですが、高城は残念でしかたないです。


選手について少し説明します。

まずオリックス。

出典:k-bass.com



こちらは伊藤光捕手、現在29歳なのですがベストナインゴールデングラブ最優秀バッテリー、これらの賞を受賞したことがある実績がある選手です。

また、2015年には日本代表にも選出されたことのある申し分のない実力の持ち主です。

しかし今年は打撃不振から2軍暮らしが続いていました。


もう一人の赤間謙投手は3年目の27歳。

今季は1軍登板ないが、環境が変われば化ける可能性が・・・?



そしてDeNAの選手紹介。


高城俊人捕手。

出典:wikipedia


ドラフト2位入団の7年目で高卒なので25歳とまだ若く、専属捕手として1軍には常にいる選手でした。

山口俊という投手がいたのですがDeNAにいたころにはその投手の捕手を務め、今季までは昨年二桁勝利を挙げた濱口投手の専属捕手を務めていました。

ですので必要戦力でした。

打率は低いものの昨年は3試合連続3塁打を放ったり、代走にも起用されるほどの脚力の持ち主でこれから期待していました。

事実僕の主観ですが、年々キャッチングやバッティングが向上している感じはありました。

最初はワンバウンドの球を後逸することが多かったのがミットをしっかり下に向け隙間を作らない、体で止めようとする姿勢となり改善されていました。

バッティングでも初期は落ちる球を良く振っていたイメージなのですが、年を取るにつれそれが少なくなっていたと感じます。

応援歌で「強肩強打のすごい奴」と言うフレーズがありました。

「強肩強打のすごい奴」の覚醒した姿を見たかったのが本音です。




出典:wikipedia


続いて白崎浩之内野手。

こちらは大卒でドラフト1位の6年目。

当時の監督、中畑清氏と同じ駒沢大学出身ということで話題になりました。

顔もイケメンで「速水もこみち」似として騒がれました。


大型内野手として期待され、2016年から背番号6番を背負うことに。

近年は出場機会が減っていましたが、記憶に新しい昨年の日本シリーズではHRを放つなど期待されているものの、目が出ないという感じでした。


スーパーサブと言っていいのか、スタメンではなく、代打、代走、守備要員としての起用方法が多かったです。



面白いエピソードというか経歴の持ち主で

彼は公式戦で14本の本塁打(昨年の日本シリーズも含めて)を放っているのですがすべてソロホームランとなっています。

ミスターソロなどと揶揄されることもあり愛すべき選手でした。

一時期代走で多く起用されることがあったのですが、その時「白崎が塁に出ると生還率が高い」という話になり、塁に出ると「帰巣本能」という言葉をよく使われていました。

また守備に定評がある?らしいのですが一試合に3エラーを記録するなどお笑いレベルが高かったです。






今回のトレードを見てみると伊藤光の実績が秀でているのですね。

ですからDeNA側もある程度一軍経験ある選手が2人、そしてオリックスの赤間投手は1軍経験が浅いです。



個人的見解ですが、この捕手のトレードはどっちも得しないのでは・・・と思います。


赤間投手と白崎内野手は最近伸び悩んでいた。

ですから放出して活躍できる環境に行けばいい。

これは分かる。

彼らはポテンシャルはありますから。


それに対して実績のある伊藤光捕手、これから期待され試合も出ていた高城捕手。

うーん。って感じです。


昨年のDeNA捕手は3人体制で「みんな違ってみんないい」と言う感じでした。

事実3試合連続完封勝利を昨年したのですが、戸柱、嶺井、高城の3捕手を使った日替わりの捕手で達成したのです。


それが今年は全員打率1割台・・・

みんなダメという状況でした。

ですのでDeNA側の実績のある捕手が欲しいというのは分からんでもない。


しかし、昨年コーチ陣は言っていたのです。

黒羽根捕手が日ハムとトレードになった際、嬉しかったと。

なぜならば、うちの捕手が他球団に求められるレベルになったと。


ということは伊藤光が大目玉のように見える今回のトレードはオリックス側が高城が欲しい!と言ってきたことも否めない。

そこでオリックスで若月選手などの若手の台頭から出場機会が減っている伊藤光を求めたのかもしれません。



実績があっても活躍できなければ意味がないのでこれだけ見れば最近でも1軍の出場が多かったDeNA側の損にも見えるのですが、そうでもないです。

伊藤光は選手会長も務めたこともあり、イケメン、球団の選手人気で常に上位に居ました。

その選手がいなくなったらグッズの売り上げが減るのは明らか。


そして捕手というポジションは他と違って守備だけできればある程度評価されます。

ですので打てなくても、いい。

その結果何が生きるかと言うと経験です。

捕手というポジションは経験がものをいうところが大きいです。



両チームにとっていいトレードとなってほしいですが、今のところどちらにとっても痛い感じがする現在です。

参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010001-spht-base

以上。